カバー・ディールとは?

カバー・ディールとは、顧客取引の反対の売買を行うことによって、残高の調整をする取引のことです。

なぜこのようなことをしなければいけないのかというと、銀行では顧客取引で通貨を打った場合、その通貨の残高が不足してしまいます。

これをカバーするために、不足した通貨を買う取引をするのです。

そしてこれにより、FX業者はリスクを負うことが基本的になくなります。

カバー・ディールをすることにより、FX業者は投資家に対して中立的な立場になることができます。

顧客が利益を得た場合、カバー取引をすることでFX業者にも利益が出ます。

逆に顧客が損をした場合は、FX業者も損をしてしまいますが、投資家から得られる利益で穴埋めをすることができます。

これがしっかりとできているかどうかで、FX業者が安定しているかどうかがわかります。

FX業者の中には、カバー・ディールに失敗して大損をしてしまったという例もあります。

酷いものになると、それが原因で倒産してしまったということもあるのです。

業者が倒産してしまったことによって、投資家が大きく損をするというニュースはたくさんありました。

今ではそういう業者自体がほとんど残っていませんが、それだけカバー・ディールは重要なものなのです。

一見するとFX業者がするものであって、投資家が気にするものではないように見えますが、実はとても大事なことだとわかったことでしょう。

こういう情報もしっかり覚えておくことが、失敗しないためのコツなのです。