DAX指数とは?

DAX指数とは「ドイツ株価指数」とも呼ばれる株価指数のことです。

正式名称は「Deutscher Aktienindex」となっており、DAXとはその略称です。

その名称どおり、ドイツの株式市場を把握する上で重要な株価指数となっています。

これはフランクフルト証券取引所で取引されている上場銘柄のうち30銘柄をピックアップしたうえで時価総額加重平均指数を算出したものです。

ちょうどNYダウとトピックスを組み合わせたような方法といえるでしょうか。

基準日は1987年12月31日。

この日の株価を基準値1000として算出されています。

この点は他の指数とはやや異なる点といえるでしょう。

ドイツ経済を把握するもっともわかりやすい指数であると同時に、ユーロ・ヨーロッパ市場の動向にも大きな影響を及ぼす指数でもあります。

ドイツは世界第四位の経済大国であり、またヨーロッパ経済の中心をなしている国でもあります。

そのためヨーロッパのみならず世界経済全体への影響力も大きく、注目の指数となっています。

算出対象となっている銘柄もスポーツ用品のアディダス、製薬会社のバイエル、自動車のダイムラーやBMW、フォルクスワーゲンなどドイツを代表する世界に名だたる大企業がズラリと並びます。

それだけに日本で株式投資を行っている人もこの指数は無視できず、細かくチェックしていくことが重要になります。

なお、このDAX指数のほか、50銘柄から算出されるMDAXという指数もあります。

日ごろ世界経済といえばどうしてもアメリカや中国に目が向いてしまいがちですが、ドイツをはじめとしたヨーロッパも重要です。

ぜひともこのDAX指数にも目を向けるようにしたいものです。