婚圧とは?

本人は当面結婚する気が全くないにもかかわらず、親や兄弟、はたまた親戚などが口うるさく「早く結婚した方がいい」「死ぬまでに孫を抱きたい」など、本人の気持ちには関係なくあれこれと結婚に関する話をもちかけてくることって・・・よくありますよね。

最近、そんな周囲からの結婚に関するプレッシャーを婚圧と言うようになったのだとか。

この婚圧とはどのようなものなのか、実際に婚圧を感じている方にお話を伺ってみました。

Aさんは35歳の男性。

大学卒業後に入った会社で現在は係長をしており、毎日仕事に追われる毎日を送っています。

結婚する気がまったくないわけではないのですが、仕事や趣味に忙しいことからまだ当面は婚活する予定もないとのこと。

しかし昨年、実弟が結婚したのを機に、両親が早く結婚しろ、身を固めろとプレッシャーをかけるようになってきたのだそうです。

実家の近くに住んでいるAさんの幼馴染に第一子が誕生し、自分の両親も早く孫の顔が見たくなったのかもしれないとAさんは言います。

しかし、今はまだ結婚するつもりのないAさんの気持ちを完全に無視した両親からのプレッシャーは、Aさんにとっては相当なストレス。

特に「世間体が悪いから・・・」という一言には、いつもカチンとくるのだとか。

これだけ婚圧をかけられるのであれば、逆に一生独身でいてやろうかとすら思うというのですから、その圧力はかなりのものなのでしょう。

「まだ結婚しないの?」普段何の気なしに友人にかけているこの言葉で、もしかしたらわたしたちも誰かに知らないうちに婚圧をかけているのかもしれませんね。