水冷リザーバーって何?

パソコンの熱対策に、水冷システムを導入するケースが増えています。

これまでパソコンの熱対策といえば、ファンをはじめとする空冷が一般的でした。

しかし空冷の場合十分な冷却効果を得られないことや、ファンによる騒音が大きな問題となっていました。

しかし水冷式ではポンプとリザーバーを使用し、冷水を熱を発する部品に送り込んで循環させ冷やすという方法をとっています。

冷水を使用するのですから、空気よりもはるかに効率のよい冷却が可能な点が大きなメリットとなっています。

また、空冷に比べて発熱量が多い部品にも対応できるため、大型のコンピューターなどで採用されるケースも増えています。

この水冷システムでパソコンを冷却する場合、冷水をためるためのリザーバーが必要となります。

水冷システムを常時機能させるためには、適時この水冷リザーバーへの給水が欠かせないのです。

ですから、水が入る量やリザーバーそのもののサイズなど、水冷システムを導入する際にはその選択が重要となってきます。

ご存知のように、電気製品は水に弱いという欠点を持っています。

もし水冷システムが故障して水漏れを起こすようなことがあればあっという間にパソコンが故障してしまう恐れがあります。

そのためにも安心して使用できるリザーバーが不可欠となります。

また日ごろの手間を省くためには、メンテナンスや給水が簡単にできるものが望ましいでしょう。

現在さまざまな種類の水冷リザーバーが市販されていますから、その中から自分のパソコン環境に合ったものを選ぶことが重要になってきます。

すでに導入している人は、リザーバーがきちんと機能しているかどうか、ヒビ割れなどを起こしていないかどうか、チェックしてみるとよいのではないでしょうか。