原付バイクの保険の自賠責以外の保険の必要性は?

自賠責保険は、原付バイクでも必ず入らなくてはいけない保険になります。
原付バイクの場合は、車検制度がありません。
ですから、万が一事故を起こした場合は、自賠責保険が守ってくれます。
(笑顔)原付バイクで加入義務があるのは自賠責保険だけになります。
※任意であれば他にもかけた方が良い保険もあります。
自賠責保険の場合では、相手がいる状態で怪我をさせてしまったり死亡させてしまったりした時に補償してくれます。
しかし、当然,その保険金には限りがあります。
もしその上限以上の請求になった場合がありますよね。
この場合、役に立つ保険が任意保険と言うことになりますね。
この任意保険、または「バイク保険」と呼ばれる保険です。
万が一と言う場合の保険ですね。
(笑顔)もし自家用車を持っていて、そちらで任意保険に入っている場合は、特約にて原付バイクの任意保険も賄ってくれる保険もあります。
お勧めします。
(笑顔)。
自動車と同様に、原付バイクの任意保険には種類があります。
先ずは「対人賠償」があります。
次に「対物賠償」についてです。
これは、事故を物に対して起こした場合に補償されます。
あとは以下の保険があります。
「搭乗者傷害」「人身傷害補償」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」などです。
このように色々とありますので、必要と思われる任意保険に加入してくださいね。
(笑顔)