看護師の仕事とは?

看護師がどんな風に思われているかというと、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、往々にして、印象良くとらえているという人が多いでしょう。
けれども、実際の看護師の働き方を見てみると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。
プラス面だけに着目せずに、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。
看護師の資格を得るためには、何通りかのコースがありますよねー★看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習することが必要なのです。
看護師が転職をする場合、ちゃんとした履歴書を用意してください。
履歴書には、大切なポイントが存在します!!!第一に、写真については、三ヶ月以内に撮影した直近の写真を使うようにします。
さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確にキレイにわかりやすく丁寧に書き記すことが大事です。
看護師になるための資格である国家試験は、年に1度行われますよねー★看護師の不足が問題となっている我が国にとっては喜ばしいことに最近の看護師資格の合格率は約90%と非常に高水準を保っています!!!看護師の国家試験は、大学入試のような落とす目的の試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格が可能な試験です。
「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。
双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。
漢字で表現した場合、どちらでも書くことができます。
以前は看護士と書くと男性を、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。
2001年の法律改正を機に、男女とも使える「看護師」としてひとくくりにされることになったのです。